MESSAGE

株式会社 Root-S 代表取締役 宮崎 真一

MESSAGE

写真を通じて20年、時代の変化と共に、写真も変化してきました。
スマートフォンが普及し、誰でも気軽に写真撮影が可能となり、
撮影データの共有が瞬時に出来る様になり、表現までもが SNS で一般化されました。
つまり、人の三大生活要素の衣食住に、最も近い存在となっているのが、写真ではないでしょうか。

時代の変化により、写真がより身近で必要な存在に成れた事、こんなに幸せな事はありません。
では、我々プロのフォトグラファーの存在価値は、どこにあるのでしょうか。

写真の普及によりプロフォトグラファーの仕事が無くなる、
なんて言葉も耳にしますが、むしろ逆だと感じております。
スマートフォンでも一眼レフカメラでも機材はどうあれ、重要なのは、それを扱う人にあります。
プロフォトグラファーとしての技術と経験で、
何より、その責務と使命感で、撮る本質も撮る方法も、明らかに違うのです。
つまり、機材としてのハードではなく、人財としてのハートにあり、
AI の発達に不安視されない存在が、プロのフォトグラファーだと確信しております。

しかし、ここ近年、プロ使用のカメラも安価で購入出来る時代からか、
フォトグラファーを名乗る方々が増えてきました。
それも写真の時代の変化の中で、撮影者の変化として認めざるを得ないのですが、
そうした方々の、プロのフォトグラファーのいわゆる「代行」としてご活躍される背景の中で、
残念ながら、技術や経験不足を理由に、必要以上に安価で写真撮影の仕事を受けてしまう、
もしくは、依頼してしまう様な文化が生まれてしまっているのです。

「撮れていれば良い」つまり料理で言えば「食べられれば良い」、果たしてそれで良いのでしょうか?

いつの時代も、質に対します、大小様々なニーズはありますが、
せっかくお金をお支払いするのなら、より少しでも安心を、
より少しでも高い満足をー。それが、商品価値と購買意欲ではないでしょうか?

我々、シンクロモードは、お客様の撮影をさせて頂くそのお時間を、
プライスレスなお時間として、より大事に受け取らせて頂き、お値段以上の価値で、
1人1人のプロのフォトグラファーが、想いの限り、全力で撮らせて頂きます。

「代行」よりも、決して代わりの出来ない「プロ」ならではを、是非、味わってみて下さい。

シンクロモードは、カメラを扱う「人」が、ハートをもって撮影させて頂きます。
いつの時代も、大事なのは人です。
人が会社を作り、社会を作り、文化を作り、時代を作ります。
まずは、撮影をご依頼頂きまして、移り変わりゆく時代の中で、
どうか、あなた様の移り変わらない専属のフォトグラファーを、
シンクロモードでお選び頂き、よって、一時代の支えとさせて頂けましたら、心より幸いです。

写真撮影を通じて、10年後も20年後も、過去から未来へ、
皆様の幸せが、ずっと続きます様に、心から願っております。