TOP > > ロータリーの友、8月号に「トゥゲザーズ」TOGETHERS の写真が掲載されました!!

ロータリーの友、8月号に「トゥゲザーズ」TOGETHERS の写真が掲載されました!!

 

東京山の手ロータリークラブ主催、「トゥゲザーズ」TOGETHERS にて撮影させて頂いた写真が、ロータリーの友、8月号に掲載されました!

 

写真撮影なら Synchro Mode 〜シンクロモード〜

 

 

この、ロータリーの友ー。なんと、92000 部、発行されているそうです。数多くの皆様の目に触れて頂けたこと、心より感謝致します!

以下、ロータリークラブについて、記載させて頂きます。

 

 

 ロータリークラブ(Rotary Club)は、国際的な社会奉仕連合団体「国際ロータリー」のメンバーである単位クラブである。

最初のクラブが例会場所を輪番(ローテーション)で提供しあったことから「ロータリー」の名がついた。

 「国際ロータリー」は世界初の奉仕クラブ団体であり、200以上の国と地域に33000近くのクラブを擁し、会員数は120万人以上である。

 職業奉仕(会員の職業倫理を高めること)と、そこから広がる社会奉仕と国際親善を目的とする。基本的には「I serve : 私は奉仕する」、
クラブとは「奉仕をするクラブ会員であるロータリアン個人の集まり」であり、国際ロータリーはそのクラブの連合体とされているが、
個人のみならずクラブ単位や国際ロータリーとしての奉仕プログラムも行なわれている。

 ロータリークラブ – Wikipedia よりー。

 

 

 

読んでお分かりの通り、とにかく、ものすごい団体なんです!

今回の経緯は、「トゥゲザーズ」TOGETHERS にて、ロータリークラブの皆様とお会いすることが出来、国際ロータリー第2750地区、星野勇介様を通し、写真を提供させて頂きました。

 

以下が、ロータリーの友に、載せて頂いた写真です。

 

写真撮影なら Synchro Mode 〜シンクロモード〜

 

 

この写真は、「東京山の手ロータリークラブ、「トゥゲザーズ」TOGETHERS にて撮影ー」でも、記載させて頂きましたが、自身の福祉経験より、様々を想いながら、シャッターを押した1枚でした。なので、本当に嬉しく、光栄に思っております。

 

ちなみに、掲載させて頂いたページは、ロータリー・アット・ワークといったコーナーで、ロータリークラブによる、全国の奉仕活動が写真と共に記載されているページでした。

他には、ロータリークラブのこと、東日本大震災の復興支援活動、アマゾンの森について、等々、とても内容が深く、勉強になるものばかりで、そうした1ページに使用して頂けたことは、やはり、幸せなことです。

 

スタジオカメラマン時代には、雑誌や広告がメインでしたので、日々、当たり前の様に、誌面に掲載させて頂いておりましたが、それとはまた違い、「人と人との繋がりの中で掲載された1枚」の、重みでしょうかー。フリーランスでは、そうした温かさを強く感じることが出来、自分には、それが幸せに思えてなりません。

 

人と人との繋がりー。そのツールとして写真が在り、そのツールによって、笑顔になって頂きたい。これが、自身の想いなんです!

 

 

今回、改めまして、国際ロータリー第2750地区、星野勇介様、感謝致します。

そして、何より、ロータリークラブとの出逢いと、撮影のキッカケを与えて下さった、梵々店長、田中剛様、アーティスト、紗央 〜Sao〜 様、ありがとうございました〜!

 

せっかく出逢えた、この奇跡ー。また、是非、これからも、繋がっていけることを願っております。

 

 

追伸ー。梵々での「トゥゲザーズ」TOGETHERS の打ち上げでは、ロータリークラブの皆様、星野勇介様、ありがとうございました!

 

 

「トゥゲザーズ」TOGETHERS の撮影模様は、こちらより、ご覧下さい。

東京山の手ロータリークラブ、「トゥゲザーズ」TOGETHERS にて撮影ー

 

 

←Previous Work / Next Work→


ご感想はこちらから(Leave a response)